あの時のあの場所にもう1度戻ってみたいな…。そう思う人は数多くいると思います。
その願望を、ほんの少しだけ叶えてくれるサービスが、Googleマップに搭載されました。
Google社は4月24日、PC向け「Googleマップ」のストリートビューに、2007年からこれまでに世界各地で撮影された町並みや風景を、時間をさかのぼって見ることができる「タイムマシン機能」を搭載すると発表。
24日から数日かけて実装されるそうです。

ということで、私もやってみました!!

【東京スカイツリー現在】

SKYTREE01
 

【東京スカイツリー2009年】

SKYTREE02
始まったばかりのサービスなので、場所によっては反映されない箇所もありましたが、東京スカイツリーは、建設中の様子を見ることができました。
今後は、東京スカイツリーの建設が2009年以降少しずつ進んでいく様子や、ニューヨークの世界貿易センタービル跡地で建設中の新ビルの工事が時系列に沿って確認できるようになる見込みだそうです。

 

時間旅行の順序

1.Googleマップをクリックします。

2.見たい住所や施設を検索します。
SKYTREE03
 

3.ストリートビューを表示します。
SKYTREE04
 

4.左上の時計アイコンをクリックします。
SKYTREE05
 

5.スライダーで時期を指定してサムネイル画像をクリックしましょう。SKYTREE02
 

ゴールデンウイークに予定がない方は、Googleストリートビューで時間旅行をしてみてもいいかもしれませんね。

 

この記事を書いた人

山田 華月WEBデザイナー

1982年7月 岐阜県岐阜市生まれ WEB制作会社に勤務後、WEBデザイナーとしてサイバーインテリジェンスに入社。のべ100件以上のHP制作、アメブロカスタマイズを手がける。コーディング、デザイン、ディレクションと幅広い経験を活かし、WEB制作部門のリーダーを任されている。お客様の為なら、採算度外視でモノ創りをする。 趣味:ショッピング、カフェ巡り